インバウンドニュース

タイランドパス6月より簡素化、入国ラッシュで6月の訪タイ観光客は100万人越えを確実視か

2022.05.25

印刷用ページを表示する


観光客の入国を再開させているタイでは、6月1日以降さらに入国要件が緩和されることになった。現在、電子申請で発行されるタイランドパスについては、タイ人は登録の必要がなくなり、外国人については登録を簡素化するという。これで旅行者の利便性がさらに高まることになりそうだ。

これまでは、パスポートのコピー、ワクチン接種証明、到着初日にPCR検査の結果待ちで宿泊するホテルの支払済予約証明書、2万米ドル以上の治療補償がある医療保険の確認書が必要で、発行まで最長48時間かったが、6月1日からはパスポートのコピー、ワクチン接種証明、1万米ドル以上の健康保険証を提示することで、登録申請後すぐに自動的にタイランドパスのQRコードが発行されるという。

また、ワクチン未接種でも、旅行前72時間以内にPCRまたは抗原検査の陰性証明書をタイランドパスにアップロードできれば入国が可能になる。

世界の動きの記事にあるように、タイ国政府観光局は2022年末には1カ月あたりの外国人旅行者数が100万人に達する可能性を示唆していたが、ユタサック観光局長官は23日、6月にも目標の100万人を超えることが確実になったと明らかにした。実現すれば、100万人突破は2年ぶりとなる。

 

関連インバウンドニュース